So-net無料ブログ作成
検索選択

TrulyErgonomic製の茶軸キーボード「Truly Ergonomic 209」 [pc]

ダイヤテックは19日、カナダ・TrulyErgonomic製のメカニカルキーボードTruly Ergonomic 209 English
International and Asia」の取り扱いを開始した。直販価格は19,800円



ユニークな形状のキーボードです。
千鳥配列と呼ぶようで、手首をまっすぐにしたままタイピングできるのが特長です。世の中には、いろいろな形のキーボードがありますね。(^^ゞ


スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

テキトー

ひょんなことから貴頁を見つけてしまったので
余計な事かと思いつつも、ちょいと訂正を。

ここで使われている「千鳥」という言葉は
「斜めに互い違いに入り交じること」という意味です。

そもそも、貴頁の引用元であるマイナビニュースが、販売元であるダイヤテックから間違って引用したのが悪いと言えば悪いのでしょうけども。

ダイヤテックの製品説明には、
「キーボードの大半は、1860年代からのタイプライターを基にした千鳥配列になっています。
Truly Ergonomic Keyboardデザインは、より健康的な姿勢でタイピングできるよう左右対称の設計し、手首を真っ直ぐにしたままタイピングできるようにしています。」
と書かれています。

つまり、「殆どのキーボードは千鳥配列だ。でもこれは直線の配列にデザインしたんだ」
ということです。
by テキトー (2013-02-08 17:26) 

ごとぅ

テキトーさん。こんにちは!

なるほど。ご指摘ありがとうございます。
千鳥配列を正しく理解できました。感謝です。

by ごとぅ (2013-11-19 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。